スタッフ

小林 幸太 kota kobayashi (産業医/精神科医)

小林幸太(産業医/精神科医)

弘前大学医学部医学科卒業、札幌医科大学医学部大学院修了。国立精神神経センター国府台病院、札幌佐藤病院、第一内科神経科クリニックにて精神科・心療内科の臨床経験を積み、現在は道内の各種企業・団体の産業医や嘱託精神科医として予防医学、札幌医科大学医学部非常勤講師など教育に携わる。

出身は福島県。趣味は山菜採り、釣り、山歩きなど。

【小林より】
皆さん、こんにちは。
私たちメンタルアシスト北海道は、道内にお住まいの方々・道内で働く方々の心の健康維持のお手伝いをします。
今健康な方は、より健康度をアップして病気になりにくく、いきいきと皆さんらしく生きていけますよう・・・。
心身のエネルギーが足りなくなられている方々やバランスを崩してらっしゃる方には、病気にならないための予防対策を・・・。
病気になってしまわれている方には、早期の適切な治療や脳の休息を・・・。
病気が良くなられた方には、リハビリや再発予防のお手伝いを・・・。
皆さんとともに悩み、ともに喜べるようなかかわりをもってまいりたいと思います。
末永く、どうぞよろしくお願いいたします。

【資格等】
労働衛生コンサルタント(保健衛生-第2955号) 
精神保健福祉法・精神保健指定医(厚生労働省発障第0718016号 証第15545号)
日本精神神経学会精神科専門医(22177711号)

石原 一人 kazuto ishihara (カウンセラー/中央労働災害防止協会心理相談員)

石原一人(カウンセラー/中央労働災害防止協会心理相談員)

東洋大学社会学部卒業後、日本障害者雇用促進協会、障害・高齢者雇用支援機構で職業カウンセラーとして勤務。当事者に対するカウンセリングや就労支援および復職支援、法人に対する雇用管理支援などに携わる。当社設立後は、主にアウトリーチでの産業保健活動、研修講師、カウンセリングを担当し現在に至る。その他に、NPO法人子どもの未来・にじ色プレイス理事を務める。

【石原より】
何かをしようとする時、ひとは考えます。そして(某作家さんの小説によれば)web端末を片手に検索をします。しかし、一般論の回答は検索エンジンが選び出したページが教えてくれますが、わたしたちひとりひとりのパーソナリティーにあった回答はそこには見つかりません。検索し思考した情報をもとに、自分で回答を創り出していく作業が必要です。
その作業はひとりでもできます。しかし誰かを相手に作業をすすめると、これまで気付けなかった視点を得られ、より深く、本質的でかつ現実的なものにすることができるかもしれません。
その誰かは友人でもご家族でも同僚でも、話を聴いてくれるひとならば誰でも良いと思います。
私たちはそうした身近な方々よりも少し離れたところで、少し俯瞰的に、そして専門的にみなさんの作業をお手伝いすることをテーマに取り組んでいます。
まずはお気軽にお声かけください。

趣味はラーメン食べ歩き、音楽鑑賞、読書など。ここ数年は落語に癒されています。

ページ
上部へ